> TOP > 養成講習 > ご案内
ご  案  内  ≪
当 講 習 の 理 念
講 習 概 要 ・ 日 程
カ リ キ ュ ラ ム
日  程  表
お 問 合 わ せ
講 習 申 込 み
よ く あ る ご 質 問
無料説明会 申込み

キャリアコンサルタント養成講習

無料説明会ページへのリンク

キャリアコンサルタントとは-労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うキャリアコンサルティングを担う人材です。仕事を通しての生き方そのものを支援し、助言や指導を行う専門家であると言えます。

「キャリアコンサルタント」が国家資格に-2016年4月より国家資格となり、職業能力開発促進法に規定されます。従来のキャリアコンサルティング技能士1級(指導レベル)、キャリアコンサルタント技能士2級(熟練レベル)と、キャリアコンサルタント(標準レベル)として位置づけされます。

「CMCAキャリアコンサルタント養成講習」の特徴

  1. 「キャリアコンサルタント試験」の受験資格取得が可能 - 当協会の養成講習を修了することで、「キャリアコンサルタント試験」の受験資格が得られます。(厚生労働大臣の認定講習)
  2. 経験豊富なベテラン講師陣による実践重視のカリキュラム - 通学学習と自宅学習あわせて140時間、
    通学学習(14回/104.5時間)---講義だけでなく随所にロールプレイによる実習を取り入れて、技法の習得や大学生、フリーター、社会人など様々な場面設定に対応できるように進めていきます。
    自宅学習(35.5時間)---自宅学習の理解度チェックはカリキュラムの中で解説や質問の時間を設け、また確認テストの実施により達成度の確認を行います。

  3. 当協会認定「CMCA認定キャリア・カウンセラー」の資格取得が可能 - 養成講習修了後、CMCAキャリア・カウンセラー認定試験に合格することで、当協会が認定する「CMCA認定キャリア・カウンセラー」の資格取得が出来ます。

★修了生にインタビュー★
倉持 和子さん 第11期修了生 (平成14年度受講)
■CMCA受講の理由と他講座のリサーチ方法を教えてください
私は研修講師という仕事柄、今後はキャリアコンサルティングが自分の仕事の領域を広げる可能性があると考えました。当時、知人が受講してとても良かった、という言葉を聞いてCMCAを受講することにしました。信頼できる知人でしたので他講座を比較しませんでした。
■講座を受ける前のイメージと受講したあとのギャップはありますか?
ボリュームがあるということは知っていました。ただ単に資格を取得するということだけでなく、労働関係に関することが体系的に入っていて、大変良い勉強になりました。自分はキャリアコンサルタントにならなくても受講して本当に良かったと心から思っております。 講座受講後、他団体からの紹介がありテキストを購入して勉強しましたが、そちらは試験を受けるための講座であると思いましたね。 当時のCMCAの講座で使ったレジュメは現在も使用しています。確認したいことが出てきた場合などは今でもレジュメを振り返っています。他団体のものでも良いのですが、やはりCMCAのものはその深さが違うということが実感できます。 受講した後に感じたことは、自分の視野が広がったということです。新聞を読んでいても無意識に記事をチェックしていることが多く、社会の動きに敏感になったと感じます。

■楽しかった授業、自分の勉強はどのようにしていましたか?
カウンセリング実習は面白かったですね。あと、メンタルヘルスは自分の仕事に即していて大変興味深く聴いた記憶があります。 キャリアに関してはほとんど知識がなかったので、先生からの本や有名な先生の紹介も助かりました。先生たちから紹介された本はほとんど読みました。理論的背景などを自分でも調べて確認し、更に面白くなりました。

■遠隔地にお住まいですが、通学がつらいと感じることはありませんでしたか?
それはありませんでしたね。自分で資金を投入していることもあり、休むような無駄はいたしませんでしたし、授業が楽しかったので通学することは全く気になりませんでした。

■受講してよかった点を教えてください。
キャリアに関しては縁がなかったので得をした気がします。キャリアという概念が身について、ただ仕事をするだけではなく、ほかの人との差別化をしていくにしても大変良い刺激であり知識であったと思います。 キャリアコンサルタントとしての仕事はしておりませんが、自分の仕事には確実に活きています。取得した資格については、勉強したよというメッセージとして名刺に掲載しているのですが最近はキャリアデザインの研修、キャリアの意識付けなどの仕事で声をかけてもらえるようになったのは、資格を取ったからだと思いますね。

■キャリアコンサルタントを勉強する人たちへメッセージをお願いします。
この勉強をするのは、キャリアコンサルタントになるかならないかは別だと思います。 この勉強は自分のキャリアの土台となります。土台がしっかりしていればどのようにでもできるということ。枠組みをより大きく持つことによって更に応用が利く。 土台と骨格を作っておけばどのような時代の変化があっても仕事キャリアにも変化をつけられるのではないかと思います。
森 正男さん 第18期修了生(平成17年受講)
■CMCA受講の理由と他講座のリサーチ方法を教えてください
私は食品に関する出版業という仕事柄、料理人に接する機会が多いです。 若い頃から外部の人ということで相談事が多いんです。受講のきっかけは2つあります。
大学で講師として参加した際に、私の講義を聞いた学生が食べ物の仕事に就きたいと言い、その後本人からレターが来ました。講座を受けたことがきっかけで念願の業界に入ったという報告だったのです。自分の話が縁となってその人の人生が決まったということで、自分が発する言葉に重要さを感じました。
定年後のプランをどうしようかと悩んでいる知人がいました。たまたま相談相手がいなくて妻にこんな人がいると話したところ、妻が日経新聞の切り出し(CMCAの広告)を持ってきたんです。初めてキャリアコンサルタント養成講座というものを知ってインターネットを調べ、他団体を含めて3つに絞りました。その3つの団体に連絡を取り案内書送付を頼みましたが案内書やその後の実際の対応で、この段階でCMCAにほとんど決めていたのが事実です。説明会に出たのはCMCAのみ。最終的には受講者の層が広いことや、実習が多いということが決め手になりました。
■実際に受講してみた感想を教えてください
このような講座を受けたのは初めてです。当初はついていけるかどうか大変不安でした。 講師の先生が話されたことの中で、人とのネットワークが大切。利害関係のないこの受講生同士も大きなネットワークであると言われたことが印象的でした。受講していくと勉強だけということが主になりますが、先生の話によってコミュニケーションを取ろうと感じた人が多く、それに助けられて3回目くらいには講義終了後に食事に行きコミュニケーションも取れるようになっていました。大変親しくすることができ、雰囲気も大変良かったですね。

■講座を受けて楽しかったこと・印象に残ったことは何ですか?
ずばり、人との出会いです。忙しい中でも通うことがとても楽しくなりました。 講座はそれぞれ興味深いところが多く、今までの経験の中で知識として持っていた断片的なものが一つにつながっていくことを感じました。特に先生達から教わるものはエキス。そのエキスを細かくたくさん広げていくのは自分。経営にもつながることも多く、発見することが楽しかったですね。

■勉強方法を教えてください。
先生達から紹介された本は読んで勉強しました。メンタル・経営・パーソナルなど、エキスの前後にあるものを吸収しようと努力しました。 当初は仕事で知り合った方たちからの相談を受けるためスキルを身につける勉強でしたが、自分がしっかりと考えを持っていないと相談などは受けられないのではないかと感じ、自分自身の問題になってきました。知識の勉強と自分の勉強(アセスメント等)、自分に気付いていくということがあったので自分のみでなく、他の人達からの言葉もあり、窓が広がり楽しかったです。

■受講後は勉強したことをどのように活かしていますか?
もちろん相談を受けることがあります。あと、会議等でファシリテーションをすることが多くなってきました。以前の自分だと、「仕切る」ことをしていましたが、この勉強を始めてからは、一歩下がってみることによって自分がどう対応していったらいいかを考えるようになりました。取材の為にインタビューをすることが多いのですが、話を聞くことで傾聴が目に見えて役に立っていますね。人と接する仕事をしている方にとっては、非常に良いし役立つと思います。

■資格を活かした活動もされていらっしゃるのですか?
できることから何かをしようということで、一般のセミナーで傾聴セミナーをやらせていただいています。また、頼まれた際にキャリア・カウンセリング(生徒・学生・レストラン店主など)をしています。カメラマン、ライター、職人さん達はそれぞれ問題を多く抱えています。 今の時代は流れが速いので、働く意識が以前と全く異なってきています。 採用側も雇用される側にも大きく齟齬のある部分をキャリア・カウンセリングによって何かステップアップできるサポートができればいいなと思います。そういう部分では、まだ誰も、どこも目を向けていないのが実情です。

■これから受講しようという方たちへ、講座の良いところを教えてください。
いくつかありますが、自分を見つめ直す良い機会。年齢、性別関係なくその時点での自分を振り返りじっくり見つめ直す機会です。 人と人とのコミュニケーション(ヒューマンスキル)を体感できます。実際に身をもって感じることができる場ではないかと思います。 講座から受ける印象は志向としておだやかです。押し付けている講座ではない。考え方の選択肢もあるということを教えてもらえました。
手島 もと子さん 第17期修了生(平成17年受講)

■CMCA受講の理由と他講座のリサーチ方法を教えてください
ハローワークの非常勤の相談員という職に就いており、学生の職業相談・事業主等雇用関係の相談業務を行っておりました。非常にやりがいのある仕事でしたが、賃金面で生活が苦しいという問題がありました。受講のきっかけはキャリア・アップもさることながら、資格を活かして賃金アップという現実的な面もありました。リサーチはインターネットを利用し、あまりビジネス色の強くないところを選んだつもりです。
■実際に受講してみた感想を教えてください
改めてキャリア・カウンセラーが本当に社会で必要とされているということを学びました。当初こんな短期間でスキルが身につくのだろうかという危惧がありましたが、素晴らしい講師の方々の講義、実習の多さで自分でも驚くほど変化した部分がありました。久しぶりに会った友人・知人にも指摘され、それは嬉しい驚きでした。

■楽しかった授業、自分の勉強はどのようにしていましたか?
コンプリメントが印象に残っています。勉強し、実践しました。学生の相談を受ける際、同僚の相談員は学生相手に模擬面接の欠点ばかりを指摘する人がいました。そうされるとますます萎縮して本番の面接で緊張しすぎて落ちてしまい、更に心も落ち込んでしまうという学生を何人も見ていました。私はできるだけ褒めて、良い部分を明確化し、自信を持ってもらうようにしましたところ、目に見えて明るく元気に変わった学生を見たときは本当に嬉しく思いました。 若い頃から興味のあった心理学を浅くではありましたが、勉強できたことは嬉しかったことの一つです。休みの日に習ったことをもう少し深く研究しました。

■資格はどのように活かしていますか?
資格を取得して、“要キャリア・カウンセラー資格”という仕事に転職しました。行政から委託されている仕事で、ホームレスの就業支援の仕事をしております。講座で勉強してきたことを活かし、また自分が少しずつでも向上できたらと考えております。

■これから受講しようという方たちへ、講座の良いところを教えてください。
◎ 講師陣の質の高さ、実習の充実さ!
◎ 事務局の方々の受講生へのきめ細やかな対応
◎ 紹介した人が1人います。
「講義の内容はもとより、素晴らしい仲間と出会い、一緒に勉強できたことは何よりの宝です」と言ってくれたことが心から嬉しいです。